現在放送中の大人気【仮面ライダーゴースト】ですが、5月に入り物語が大きく動き出していますね。

・アデルの裏切り(アデル役・真山明大)

・アランの父の死

・「フミばあ」の死

・そしてなんと言ってもアランが味方になったことですね!

今回はそのアラン役・磯村勇斗さん(仮面ライダーネクロム)について調べました!

物語の中ではクールな役どころの磯村さんですが本当の素顔は一体どんな方なのでしょう?

スポンサードリンク

磯村勇斗さんのプロフィール

キャプチャ

出典:https://www.instagram.com/hayato_isomura/

名  前:磯村勇斗(いそむらはやと)

生年月日:1992年9月11日

出  身:静岡県沼津市

身  長:176cm

血液型 :A型

所  属:ドリームプラス

デビューは?「ヌマヅの少女ハイジ」とは?

磯村勇斗さん、子供の頃は”沼津の大将”と呼ばれるくらい、やんちゃな子供だったようです。

悪い方向に進んでいたわけではなく、目立ちたがりで人を笑わせるのが好きな子だったようです。

そんな磯村勇斗さん、中学校2年生の頃に自主製作の映画をされます。

タイトルが「ヌマヅの少女ハイジ」

しかも磯村勇人さんが演じられたのが「ハイジ」、、、少女???

沼津にハイジという少女がいて、ハイジの学校にクララという転校生がやって来るところから始まります。転校してきたクララはクラスメートにイジメられ、怒ってスイスに帰ってしまうんですけど、ハイジがみんなを連れてスイスまで謝りに行き、クララを沼津に連れ戻すというストーリーでした。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/11458091/

その映画、、見たい!と思いました。面白そうじゃないですか?

ハイジ役の衣装を着た磯村勇斗さんも見てみたいです!

 

そして俳優への気持ちが強くなっていき中学校3年生の頃、ご両親に俳優になりたいから上京させて下さい。とお願いしたようです。

素晴らしいですね!15歳にして夢の為に両親に直談判する!意志の強い方なんだろうなというのが分かります。私は今でも「強い意志」が欲しいです!

残念ながら当時の願いは「高校だけは行きなさい。ということで叶わなかったようですが、地元の高校(出身高校は分かりませんでした。)に通いながらも劇団に週に1回は通っていたようです。(自分で探して自分で連絡を入れた磯村勇人さんの原点ともいえる劇団です。)

大学入学、、、そして中退

その後、役者への夢しか見えていなかった磯村勇人さんはご両親と進路のことで相当揉めたようです。最終的にはご自分の意思を押し通した形で演劇科のある大学に入学されました。

カッコいいですね!自分の人生を自分で決める!

そんな感じがすごく感じ取れます。同時にうらやましいですね、私はやりたいこともなく、流れるままのような感じだったので尊敬しますね。

 

そして大学に入学するのですが、なんと中退してしまいます。

理由は「芝居一本に絞りたかった。」

ということです。ここでもご両親と揉めに揉めて最終的に押し通す形で中退されたようです。

もちろんくじけそうになりそうな時もあったようです。

家に帰って空を見上げることもあったようです。

けれど強い気持ちの方が上回ったようです!気持ちに負けることはなかったようです。

アラン役・仮面ライダーネクロムに決定!

2014年に仮面ライダーゴーストのオーディションがあり、見事にアラン役・仮面ライダーネクロムを勝ち取りました。

キャプチャ

出典:http://p-bandai.jp

もちろん!まず報告したのはご両親です。

またもちろん!お母さん号泣して喜んだということです。

良かったですね、きっと本当に本当に嬉しかったと思います。

アランとは?結婚願望は?続きをどうぞ!