今回は「仮面ライダーゴースト」でスペクター役を演じる山本涼介さんについて詳しく調べていきたいと思います。

主人公の天空寺タケルの良きお兄ちゃん的存在でもあり、ライバルでもある深見マコト役を演じる上で山本涼介さんが気を付けていることとは何か?

また仮面ライダーゴーストを離れた山本涼介の本当の姿はどんな青年なのか?

バッチリミナー!でお願いします!

スポンサードリンク

 

山本涼介さんのプロフィール

キャプチャ

出典:http://ameblo.jp/yamamoto-ryosuke/

本  名:山本涼介(やまもとりょうすけ)

生年月日:1995年5月15日

血液型 :O型

身  長:185cm

職  業:俳優

所  属:研音

特  技:サッカー(ポジションはキーパー)、キックボクシング

サッカーでは中学の時に奈良県選抜にも選ばれていたようです。キックボクシングについては、ここ最近始められたみたいで、仮面ライダーゴーストでのアクションシーンなどで活かせているのではないでしょうか。

これでわかる!山本涼介!

  • デビューのきっかけは中学2年の頃に母親が送った「スタイルフィット・コンテスト」でなんと1500人の中から見事”優勝”
  • このコンテストが「ジュノンスーパーボーイ・コンテスト」の選考会を兼ねていたことから、自動的にジュノンスーパーボーイ・コンテストに出場、見事ファイナリストまで残る。過去最多の応募人数1万5491人の中からです。
  • ちなみに中学2年時の身長はすでに183cmあったようです。
  • グランプリを取れなかった帰りの電車の帰り中ずっと悔し泣きをしていたようです。
  • 所属している研音では「研音肉体改造部」に所属している。
  • 2000人を超える応募の中から見事メンズ・ノンノの専属モデルを勝ち取る。

 

所属している研音の中の「MEN ON STYLE」ですが特撮ヒーロー出身者がたくさんいます。福士蒼汰(仮面ライダーフォーゼ)・永瀬匡(仮面ライダービースト)・竜星涼(キョウリュウレッド)、主役級でいえばこんなところでしょうか。そうそうたるメンバーだといことはわかるかなと思います。

深見マコトとして気を付けていることは?

山本涼介さんが「深見マコト」として演じるうえで、気を付けていることはやはり本編・スピンオフ・映画と同時期に撮影が重なってしまうらしく、

・タケルと敵対している深見マコト

・タケルと和解した深見マコト

・タケルと元通りすごく仲の良い深見マコト

をきっちり演じ分けることが大変なようです。撮影前に瞬間的にスイッチが入るのでしょうか?というか同じ人間で時間をずらした演技というのは聞くだけでも本当に大変そうです。

それを演じ切る山本涼介さんはやはり役者に向いているのかもしれませんね。

主役の西銘駿さんやアラン役の磯村勇斗さんとの仲は?続きをどうぞ!